歯に隙間がある人はすぐに歯科治療をしたほうが良い

SITE NAVI

歯科治療が怖い人の多くは痛みに対する恐怖があるから

歯に隙間がある人はすぐに歯科治療をしたほうが良い 虫歯ができた人の中にはなかなか歯科医院に行って治療をしない人がいますが、こういう人の多くは大抵治療の時の痛みに恐怖を持っている人がほとんどなのです。確かに一度でも治療中の痛みを知ってしまった人にとってはそれは何物にも例えがたいほどの恐怖になっているでしょうし、二度とその様な体験をしたくないとも思うでしょう。こうした理由から何年も虫歯を放置している人が多くいるのですが、虫歯は放っておいて何のメリットもありませんので、すぐにでも治療に行くと良いです。

歯科治療中の痛みはなぜ起こるのかと言えば、痛みに対する先生の考え方が間違っている場合が多くあります。一昔前は麻酔注射を治療する歯の近くだけにしていたのでどうしても痛みを感じてしまっていたのです。それをしかたのない事と考えている先生も多かったのですが、現在の麻酔の考え方は歯根のもっと下、つまりあご骨に近い場所に注射をします。これは痛みを伝える元から麻痺させるという考え方なのです。それにより現在の歯科治療は全くの無痛治療が可能になっているのです。遠い昔のトラウマで治療が怖いと感じている方が満を持して治療を開始すると驚くほど痛くなく、なぜ今まで治療をしなかったのかと後悔するほど無痛なのです。

Copyright (C)2022歯に隙間がある人はすぐに歯科治療をしたほうが良い.All rights reserved.