歯に隙間がある人はすぐに歯科治療をしたほうが良い

SITE NAVI

小児矯正歯科のすすめ

歯に隙間がある人はすぐに歯科治療をしたほうが良い 歯が身体全体に及ぼす影響は若いころは特に意識はしていませんが、加齢とともに影響が出てくることがあります。特に歯の並びが悪く、上の歯と下の歯の噛み合わせが悪いことから肩こりの原因になることもあります。歯並びを治すためには矯正歯科などで治療をする必要があります。大人になってから行うと治りにくく身体の歪みが起きる状態になる前に行っておくことが良いと思います。そこで、小児の頃から永久歯にそろった小学生高学年になる頃に行っておくと治りが早くおすすめです。子供にとっては違和感がありますが、早めがおすすめです。

小児歯科に行くと相談ができて、治療の方法などを相談することができます。歯並びが悪いと針金のような金属を入れて1本1本並びを治す必要があるので、子供心に恥ずかしさがありますが、将来を見据えて行っておく方が子供のためになります。わたしが子供の頃にはまだ歯の矯正というのができたばかりで、歯科に行くのが嫌になることもありました。金属に食べかすがつくこともありますが、今思えばやっておいてよかったと思います。今では身体の歪みも感じることなく、肩こりなどもありません。自分の子供がもしそうなった場合は、同じように歯科にかかろうと思っています。

Copyright (C)2022歯に隙間がある人はすぐに歯科治療をしたほうが良い.All rights reserved.